与謝野晶子

 

1878明治11年〜1942昭和17年5月

 

1935年当時

 

(明星第6号より)

 

1878(昭和53)年大阪・堺の老舗の和菓子(羊羹〈かん〉)屋「駿河屋」の三女として生まれた。旧姓は鳳(ほう)志よう。

 

堺女学校(現・大阪府立泉陽高等学校)の時代から文学、特に日本文学に親しみ和菓子屋の帳簿係として帳場に坐りながら『源氏物語』などを読みあさり、鳳晶子(しょうこ)などの名前で歌をつくっていた。

 

1900(明治33)年、来阪した与謝野鉄幹(本名・与謝野寛。プレーボーイとして有名で、晶子以外の女性と浮き名を流し、子を設けた)と出合い、大阪・堺・浜寺の海岸(「高師の浜」)で恋に落ちた。勧められて鉄幹が創設した東京新詩社に加わり、翌年に鉄幹と結婚のため上京した。その後晶子は、明星派の中心的歌人として浪漫的夢幻的作品を数多く発表し近代短歌に大きな影響を与えた。

 

前髪のみだれし額をまかせたるその夜の御胸あゝ熱かりし

 

翌1901(明治34)年に出版された『みだれ髪』は、鉄幹へのあふれる愛と青春のみずみずしさを歌いあげたものとして、当時の若い世代の圧倒的な支持を受け、後世、浪漫主義の代表的な作との評価を受けた合同歌集「恋衣(こいごろも)1905(明治38)山川登美子増田(茅野=ちの)雅子との共著で出版した。

 

大正期には女性問題や教育問題への発言も多く、1921(大正10)年からは文化学院の創設に参画して自由教育につくした。

 

また特に、日露戦争で日本全体が戦意高揚している中で、女性の立場から反戦の感情を表わした詩である「君死にたもうことなかれ」(1904〈明治37〉年9月)は余りにも有名であり、後年(1949年)深尾須磨子(1888〜1974、兵庫県生まれ、第2次「明星」で活躍した有名な詩人で代表的な著作は「真紅の溜息」など)は、「命がけ、空前絶後の行為」と絶賛した。

 

なお、晶子の活動は短歌だけにとどまらず、晩年の、現代語訳「新々訳源氏物語」(1912〜1913)に代表されるように、古典研究や女性の自立を求める評論活動、教育と社会活動などに深く携わる等、多様な分野に及んでいる。

 

他方、家庭では鉄幹の妻として、また11人の子の母として献身、大正、昭和の激動期生き抜き、1942(昭和17)年5月29日、鉄幹(1935〈昭和10」年3月死去)に遅れること7年、64歳で華やかにも美しい浪漫詩人としてのヒューマニズムあふれる人生を終え、数万首の歌と『小扇』(1904)『舞姫』等の歌集24冊、評論感想15冊など数多くの単行本を残し、東京・多磨墓地に眠る。

 

 

「私は産の気が附いて劇しい陣痛の襲うて来る度に、その時の感情を偽らず申せばいつも男が憎い気がいたします。(中略)しかし児供が胎を出でて初声を挙げるのを聞くと、やれやれ自分は世界の男の何人もよう仕遂げない大手柄をした」「産屋(うぶや)物語」より)

 

 

=========================================

 

君 死 に た ま ふ こ と な か れ

 

詩の朗読

 

       (半年前に召集され旅順〈りょじゅん〉攻略戦に加わっていた家業の和菓子商を継いだ弟(鳳〈ほう〉籌〈ちゅう〉三郎)を嘆いて)

 

1連

ああ、弟(をとうと)よ、君を泣く、

君死にたまふことなかれ、

末に生まれし君なれば

親のなさけは勝(まさ)りしも、

親は刃(やいば)をにぎらせて

人を殺せと教(をし)へしや、

人を殺して死ねよとて

24までをそだてしや。

4連

ああ、弟(をとうと)よ、戦ひに

君死にたまふことなかれ。

(す)ぎにし秋を父君(ぎみ)

おくれたまへる母君(ぎみ)は、

(なげ)きの中に、いたましく、

我子(わがこ)を召され、家を守(も)り、

安しと聞ける大御代(おおみよ)

母のしら髪は増(ま)さりゆく。                                    

2連

堺の街のあきびとの、                   

老舗(しにせ)をほこるあるじにて、

親の名を継ぐ君なれば、

君死にたまふことなかれ。

旅順(りょじゅん)の城は滅ぶとも、

滅びずとても、何事ぞ、

君は知らじな、あきびとの

家のおきてに無かりけり。            

5連

暖簾(のれん)のかげに伏して泣く

あえかに若き新妻(にいづま)を、

君わするるや、思へるや、

十月(とつき)も添(そ)はで別れたる

少女(をとめ)ごころを思ひみよ。

この世ひとりの君ならで

ああまた誰(たれ)をたのむべき、

君死にたまふことなかれ。      

3連

君死にたまふことなかれ、        

すめらみことは、戦ひに               

おほみづからは出でまさね、              

(かたみ)に人の血を流し、                  

(けもの)の道に死ねよとは、                 

死ぬるを人の誉(ほまれ)とは、                

おおみこころの深ければ                    

もとよりいかで思(おぼ)されむ。

 

説明: 説明: 説明: k-ajisai

  (註)

君を泣く=あなたのために泣く

あきびと=商人。あきんど。

老舗==代々同じ商売を続けている店。由緒正しい古い店

旅順(リューシュン)==中国、遼寧省大連市の一地区。遼東半島南端にあり、黄海に臨む港湾地区。海軍基地。日露戦争後、日本が租借(そしゃく=他国の領土を借り受けること)中国進出の拠点とした。

すめらみこと=天皇を敬って呼ぶ語

出でまさね=お出ましにならないが

おおみこころ==天皇のお考え

おくれたまえる=先立たれなさった

大御代==天皇の御治世

暖簾==商店で、屋号などを染め抜いて店先に掲げる布

あえかに若き==若く、美しくかよわい

君ならで=あなた以外に

誰をたのむべき=誰を頼みにできようか

  
==================================================

 

この晶子の詩に対して、当時の言論界の大物であった大町桂月(おおまちけいげつ=1869〈明治2〉年〜1925〈大正14〉年、 詩人・評論家。高知市生まれ。本名、芳衛。東大卒。「帝国文学」や「太陽」などを舞台に活躍。詞華集「花紅葉」、評論集「文学小観」、紀行文「奥羽一周記」などある=大辞林)が、『太陽』(1895年〈明治28〉年博文館から発行された「月刊総合雑誌」)誌上で「教育勅語、宣戦詔勅を非難する大胆な行為である」「乱臣(らんしん=国を乱す臣。主君に反逆する家来)なり、賊子(ぞくし=謀反人〈むほんにん〉。反逆者。不忠者)なり」と非難した。

 

特に大町が問題にしたのは、第3連で、それを「死ぬのが名誉だとおだてて民を狩りだし、天皇自らは宮中に安座している」と解釈したのである。晶子は、大町に以下のように反論している。

 

「私が『君死にたまふことなかれ』と歌ひ候こと、桂月様たいさう危険なる思想と仰せられ候へど、当節のやうに死ねよ死ねよと申し候こと、またなにごとにも忠臣愛国などの文字や、畏おほき教育御勅語などを引きて論ずる ことの流行は、この方かへって危険と申すものに候はずや」(以下略)

 

 

生活困窮 夫の遺品売る 与謝野晶子の手紙3通発見

 

 近代を代表する歌人の与謝野晶子(1878〜1942年)が、阪急電鉄の創業者、小林一三(1873〜1957年)に送った手紙3通が見つかり、逸翁美術館(大阪府池田市)が11年4月1日、発表した。生活に困窮する晶子が、夫鉄幹の遺品である絵画の買い取りを求める内容で、同美術館の伊井春樹館長は「夫妻と、彼らを支援していた小林との関係を示す貴重な資料」と話している。

 購入依頼の手紙は36年11月12日付で、五女の結納費用を工面しなければならない事情を告白。鉄幹が残したアンドレ・ロートの風景画1点と、梅原竜三郎の裸婦画2点を計1500円で「さる絵おひきとり下さることかなふまじく候や」と持ち掛け「火の出づるごとく恥ぢ入り」と記している。

 小林の快諾を受け、2日後の14日付で晶子が送った礼状も併せて発見。残る1通は39年1月22日付で「新新訳源氏物語」の出版の経緯などを報告している。

 手紙は同美術館が旧館(現小林一三記念館)から2009年に運び入れた段ボール箱から昨秋、見つかった。

 伊井館長によると、晶子が小林に送った手紙は、これまでに約20通が確認されていた。晶子が「新新訳源氏物語」に掲載した自作の「源氏物語礼讃歌」54首は、かつて小林の自邸で見せてもらった上田秋成のびょうぶに触発されて詠んだことなどがつづられている。

 発見された手紙は、2日から6月12日まで同美術館で開催する「与謝野晶子と小林一三」で公開される。

11年4月1日配信『日刊スポーツ』

 

 

 

与謝野晶子の未収録歌4首、京都で見つかる 昭和初期に自筆か 鉄幹らの書画も(12年12月23日配信『日経新聞』)

 

見つかった与謝野晶子の未収録歌

 

「みだれ髪」などで知られる歌人の与謝野晶子(1878〜1942年)の未収録歌4首が、2112年12月23日までに京都市に住む元医師の書庫から見つかった。昭和初期に即興で作歌したらしく、筆跡から本人の自筆とみられる。

 

堺市立文化館与謝野晶子文芸館が調べた。未収録歌は「東京を二里のあなたにして住めば早くほのめく天の川かな」など、季節の変わり目や恋心の移ろいやすさなどを、細やかな情感でうたっている。

 

元整形外科医・岩本十九二(とくじ)さん(80)の所蔵図書に紛れていた。京都帝国大学教授だった岩本さんの縁者が戦前、京都市内の自宅でしばしば開いた文化サロンに晶子を繰り返し招き、揮毫(きごう)を依頼したものらしい。

 

未収録歌はいずれも岩本さんの縁者が趣味として筆写していた万葉集の余白ページに書かれていた。与謝野晶子は合計37首を寄せており、大半が旅にまつわる歌。与謝野晶子文芸館が全集と照合し、このうち4首を未収録と判断した。写本は製本・装丁され桐箱に収められていた。

 

未収録の4首

 

かゞやきぬ我等のくにの太陽の今生れくるわたつみの上

東京を二里のあなたにして住めば早くほのめく天の川かな

恋などは忘れはてゝもわが心なわすれ草の色をこそすれ

紫陽花(あじさい)の枕にすべくなりゆくやうすものをして人は細れど

 

保管されていた写本は万葉集のほかに古事記や論語、唐詩選などがあり、余白ページには晶子だけでなく夫の与謝野寛(=鉄幹・歌人)、佐佐木信綱(同)、河東碧梧桐(俳人)、高浜虚子(同)、斎藤茂吉(歌人)、木下杢太郎(医学者、劇作家)、西田幾多郎(哲学者)、浜田青陵(考古学者)、高橋是清(政治家)、鶴見祐輔(同)、鳩山一郎(同)、益田孝(実業家)など、当時を代表する文化人や知識人が揮毫した書画があった。

 

岩本家では堺市立与謝野晶子文芸館での展示機会があれば出展に協力したい考え。

 

■「全集に漏れた歌、各地に存在も」

晶子研究にくわしい日本文芸学会常任理事の入江春行さん(85)の話

昭和の初期、すでに著名だった晶子と与謝野鉄幹夫妻は全国を旅し、旅先で請われたら気安く応じて歌を詠んでいた。今回のケースは、鉄幹の甥(おい)に京都帝大医学部出身の人物がいたことなどが接点になり、交流があったのだろう。いずれにせよ、晶子の全集には約4万首が収録されている。全集に漏れた晶子の歌が、なお各地に埋もれている可能性は高く、まだまだ出てくるかもしれない。

 

=================================

 

 

 

「ふるさとの潮の遠音のわが胸に ひびくをおぼゆ初夏の雲」

 

南海本線堺駅西口駅前広場に建つ晶子のブロンズ像。1998年、晶子生誕120年を記念して地元ライオンズクラブの手で建立された。記されている歌は晶子27歳のとき「明星」に発表した歌。歌集「舞姫」に収められている。